趣味の研究室

Hobbies Laboratory  ホビズラボ

2台目のバーナーは PRIMUS P-153 Campツーリングに最適!

PRIMUS イージークックNSソロセットM & P-153ウルトラバーナー

2台目の調理器具はPRIMUS イージークックNSソロセットMとP-153ウルトラバーナーを推したい!
前回ご紹介したP-115の弱点をカバーしたクッカーとバーナーのセットです。

 


    *-*-*-*-*-*-*-*-*


アウトドアの楽しみ方は人それぞれです。当然に、調理器具などのアウトドアGEARに求めるNEEDSも人それぞれ微妙に違ってきます。
前回ご紹介したPRIMUS イージークック・ソロセットSとP-115 なんですが、コンパクトなセットゆえに使う人のNEEDSに対応しきれない弱点も併せ持ってるのが真実です。

それは...
超小型のメインポット(容量630㎖ 内径9.5cm)では調理の制約が大きい事です。
炊飯やボイルなどの調理は少量以下の微量にしか対応できません。また、焦げ付き防止のコーティングなども一切ないので、焼き物をするには大量の油が必要でリスクが大きいです。
つまるところ...
コーヒーやカップ麺に使う湯を沸かす目的にはコンパクトで最適なアウトドアGEARですが、それ以上を求めると不便を感じてしまいます。

 

 

そこで今日は
P-115の兄貴分のP-153ウルトラバーナーを軸とした調理器具「イージークックNSソロセットM」をご紹介したいと思います。

 


大きさはご覧の通り。重量の違いは約160gです。

写真では大した違いは感じられないとは思います。当然に「だったら最初から大きい方を買えば?」というご意見もごもっともです。
じつは、そこがアウトドアを楽しむスタイルの違いからくる考え方(答え)の違いなんですね。
なので、どっちが正しい選択?なんて答えはありません。NEEDSによって答えが違うんですね...

自分がアウトドアを始めた頃の主なNEEDSは?
・徒歩でトレッキングの機会もあるので、少しでもコンパクトで軽量な物が欲しい。
・凝った調理は考えていない。コーヒーを飲んだりカップ麺を食べたりがしたい。

これが最重要なポイントでした。
でもその後、何故に大型のP-153のセットを買ったのか? といいますと...
・バイクでキャンプツーリングに行った時に炊飯もやってみたくなった。
・凝った料理はしないけど、ウインナーを焼くぐらいはしてみたいなぁ。
そんな欲が生まれて、P-115ソロセットSでは物足りなくなって来たんです。
つまり、調理器具に対するNEEDSがアウトドアを始めたばかりの頃とは変化してきたんですね。

そんなこんなで...
アウトドアGEAR 2台目のバーナーとしてPRIMUS P-153 を今回は推してみました。

PRIMUS イージークックNSソロセットM

PRIMUS P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS ガスカートリッジ IP-250T

詳細は上記↑Amazonのリンクを参照ください。

 

P-153 ソロセットM の補足情報として...

・P-153ウルトラバーナーは名前の通り、屋外の横風に強い特徴があります。
・NS(ノンスティック加工)がされていて焦げ付きにくいので、ミニポットで焼き調理も可能です。
・即席ラーメン(袋麺)も調理可能です。
・スタビライザーをクッカー内に収納できます。スタビライザーは不整地で器具を安定させる脚です。

スタビライザー



今回の推し P-153 はどうでしたでしょう?
アウトドアGEARの購入にあたって、少しでも何か参考になれば幸いです。

 

 

 

さて、次回のネタは...


いろいろと予定をしているんですが、ちょっと更新に間があくと思いますので「おたのしみ」ということにさせていただきます^^;

ではまた^^/

 


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
[Category] アウトドアGEAR
N-VAN SuperCUB でアウトドアを楽しむためのア
ウトドア用品についての話題です。商品のレビュー
などを含めてリポートします。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

キャンプ用品を高く売りたい