趣味の研究室

Hobbies Laboratory  ホビズラボ

アウトドア女子に必須の防犯アイテム おすすめのテント防犯ブザーの作り方

キャンプ用防犯装置を安価に自作

最近、キャンプや車中泊を愛するアウトドア女子が増えていることをとても嬉しく思います。そこで検討いただきたいのが「防犯装置」です。今回は安価に自作をしてみます。

 
    *-*-*-*-*-*-*-*-*

キャンプ用防犯装置 おすすめテント防犯ブザーの作り方

冒頭の写真が材料です。(パラコードは撮影用です)
メインとなる防犯ブザーは下記で↓探してみてください。価格の安い順に並べてあります。

防犯ブザー携帯警報器 Amazon検索結果

残りの材料は100円ショップで売ってますね。
もしかしたら店舗によっては防犯ブザーも100均にあるのかも?ですが、自分が立ち寄った店舗にはなかったのでAmazonで購入しました。
まぁ、そんなに高価なものじゃないですから^^

 

 作り方

片方をテントの出入り口のチャックに取り付けて、もう片方をテント内(地面に打ったペグ等)に固定します。
テントに侵入しようとチャックを開けると、ブザーの安全ピンが引っ張られて警報が鳴る仕組みです。

 

設置のコツ

出入り口チャックの開閉方向と安全ピンの抜ける方向を合わせること。
取り付け部分はナスカンなどで脱着可能にして、ガイロープやパラコード等で長さ調整をします。
防犯装置がテントの外から見えないように、かつ、自分が出入りするときに装置のセット・解除が容易に出来るように現物合わせします。

 

実用例

自分は男ですが、テント設営後に買物やお風呂に出かける時はこの警報器をセットしています。
そこまでしなくても...
って考えも当然あると思いますが、何かあってからではもう遅いです。
女性のソロキャンプであったら、最低限この程度の防犯設備は考えて欲しいと思います。

車中泊の場合は車に施錠ができるので安心は出来ますが、もしものための防犯グッズとして防犯ブザーはひとつ持ってると良いかもしれません。
また車外に置いたタープ下のアイテムの盗難防止用として、安価に自作できますので、是非検討してみてください。

 

 

まとめ

他人を疑わない信じる心もとても大切だとは思いますが...
「平和で安全な国 日本」
そんな神話はとっくの昔にもうありません。
悲しいですが、それが現実です。

せっかくの楽しいキャンプが、悲しい思い出とならないように...
特に防衛力の低い女性は標的と成りやすいです。
最低限の自己防衛手段はお考えください。

 


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
[Category]車中泊・キャンプ
N-VAN SuperCUB を利用したアウトドアの話題
車中泊やキャンプ 山ごはんやラーメンツーリング
その他、アウトドア用品のレビューなどなど...
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


キャンプ用品を高く売りたい

スマホアプリ査定 しつこい営業はありません