趣味の研究室

Hobbies Laboratory  ホビズラボ

N-VAN:ちょっと不満な点が...

N-VANのインパネを改造

個人的には大満足のN-vanですが、インパネの視認性や操作性にちょっと不満があります。
商用車だから実用性が重要ですよね。

 

    *-*-*-*-*-*-*-*-*

最近の新型車はデザインばかりに凝って、最重要の実用性(視認性や操作性)が蔑ろになってる傾向があります。N-vanも然り...
ドライバーが操作するインパネに欠点があると、自動車そのものの安全性にも影響します。
今日は心を鬼にして、愛車であるN-vanの不満に感じている点をレビューしたいと思います。
なお、
記事後半は「うんちく炸裂!」しますので、興味ない方は読み飛ばしてください。すみません ><


ではさっそくN-vanの不満点から...

不満その1
液晶がハマる2DINのAVパネルが遠すぎるのと、傾斜が視線と合っていない。
コレが原因で、日中は外界の光が反射して液晶画面はまったく見えませんw
八村塁さんが運転するんなら良いと思うけど、日本人の平均身長っていくつ?
デザイン優先で、液晶とドライバーの視線の角度をまったく考慮していない設計不良ポイント。

不満その2
空調操作がオールボタン式で操作に難あり
手探りで操作するのはたぶん無理な操作パネル。
空調操作は運転中にも必要になる重要事項です。
ここは高速移動をする自動車の車内であって、家電品の操作パネルとは違います。
設計時の工夫が足りませんね...


ここで一言。
ドライバーに脇見運転を強いるような操作性では自動車の車内装備としては失格です。

なので、以上の不満点を解決させる一案を、仮想の画像で具現化してみましょう。
コレです↓

N-VANのインパネを改造
冒頭の写真と見比べてみてください。

まず、液晶画面がハマる2DINのAVパネルは運転席側に移動して、傾斜角度を垂直にします。
これにより反射の映り込みが無くなるのと、ドライバーの視線移動距離も短くなるので安全です。
また、吹出口を手前下に移動すると、少ない風量でより快適な風をドライバーに供給できます。
吹出口はドライバーに少しでも近いほうが、その効果をより有効に活用できます。

さらに、エアコンの操作パネルは、風量と温度をダイヤル式に変更。ボタンも凹凸のある大型ボタンに変更します。
コレにより視認性のUPと目視なしでも手探りで操作が可能になります。
この点は先発のライバル車はオートエアコンでもすでに導入済みです。N-vanの負けw
AVパネル横に縦型スタイルでボタンや送風モニターを配置しても視認性が良くなりますね。

また、ちょっと脱線はしますが、
もっと斬新な改良方法は...
大型トラックのインパネのように、中央のパネルのすべてを運転席側に向けてしまう案です。
どのみち「お一人様仕様」の営業車でしょ?
とことんやっちゃいなさいよw

このぐらいは机上でも想定は出来た筈です。
商用車なんだから、実用性(視認性や操作性)を最重要にデザインを煮詰めて欲しかった。
どんなに美しいフォルムを形にしても、実用性を無視したデザインは、3日も使えばうんざりされて、その価値はまったく無くなりますよw
それがわからないんですかね???

そんなこんなで...

以前の記事にも書きましたが、インパネに限ってはライバル車のハイゼットがいちばん好みでした。
設計の古さは否めないものの、視認性や操作性ではピカイチです。
実際に試乗したこともないのに写真を見ただけでも容易に想像できます。
エブリィもN-vanよりは良いんですが、ハイゼットと比べるとダッシュボードの色が問題です。
明るい色はフロントウィンドウに反射投影されて車外の視認性に悪影響を及ぼします。
商用車は実用性が要め! 黒が無難です。


というところで...
さんざん言いたい方大書きましたが、N-vanで不満に思ってるのはこの程度です。
あと、追加するとアイドリングストップのキャンセルボタンがないことぐらいです。
つまり、それ以外は大満足です。
他に代わるものがない唯一無二の存在です^^b

 

さて...
ここからは、うんちくをグタグタ書きますのでw 気分を害された場合はすみませんが読み飛ばしてください^^;


では はじめます...

 

例えばこんなケースを想像してみてください。

冷たい雨の降る寒い冬のドライブで「外気導入・エアコンOFF・足元温風・窓微開」で走行中に、長いトンネルに差し掛かりました。
このままでは...
排ガス臭い! 窓曇ってきた! ってなります。
なので、賢いドライバーであればトンネル突入前に「内気循環・エアコンON・足元温風維持・窓を閉めるので可能であれば顔に冷風・状況によりデフロスターの使用」の操作をすると思いますが...
さて、
この操作に何秒間の脇見運転が起きるでしょう?

ここで重要になってくるのがインパネの視認性と操作性です。
簡単に言えば「ひと目で判断できる視認性が必要」そして「目視無しで手探りでも操作できる操作性が最重要」ってことです。

一秒間に10m以上も高速移動する自動車の車内装備のインパネは、自宅で寛いでるときに使う家庭用電化製品の操作パネルとは根本的に違うんです。
全自動AI運転の未来自動車ならまだしも、現代の自家用車はドライバーの操作に運行の安全のほぼすべてを依存しています。
そのドライバーに脇見運転を強いるような操作性では自動車の車内装備としては失格です。


タッチパネル化・ボタンのフラッシュサーフェイス化・液晶パネルの寝かしなどなど...
デザイン性重視で視認性や操作性を犠牲にしていませんか?
それがゆえ、ボタン一つ押すだけでも脇見運転の危険を孕んではいないでしょうか?
開発者は今一度、原点に戻って考えて欲しい。

この程度のことなら、図面を起こす前でも十分想像ができる筈です。
エンジニアとはそうであって欲しいし、
企業としても、見てくれ重視の薄っぺらな流行に流される事のない孤高なエンジニアの意見を、迷うことなく汲み取れる組織であって欲しい。

最近の新型車のインパネデザインを見ると、自家用車の存在そのものが変わりつつある時代の狭間で、何か危険な方向に進み始めているようで... 心配でなりません。
いまだ、ドライバーの操作に運行の安全を委ねていることには変わはありません。
時には凶器とも成りうる自動車です。
見てくればかりで中身のまったくないモノづくりはコレっきりにして欲しいと感じます。


以上...

今日はひさびさにうんちく炸裂でしたw
大変失礼いたしました。

ってことで、おしまいです m(_ _)m


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[Category]車中泊・キャンプ
N-VAN SuperCUB を利用したアウトドアの話題
車中泊やキャンプ 山ごはんやラーメンツーリング
その他、アウトドア用品のレビューなどなど...
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


キャンプ用品を高く売りたい

スマホアプリ査定 しつこい営業はありません